· 

研修旅行に行ってきました

スタッフNです。

去る3月7日に、所員で社内研修旅行に行ってきました。

行き先は、建築設計の原点とも言える、奈良に行ってきました。

先ずは、奈良学園セミナーハウス 志賀直哉旧邸に足を運んでみました。

小説家である志賀氏は、自らが設計をして京の大工に依頼して建築されました。

数寄屋つくりを基調にしながら、洋風建築にみられるサンルーム等 モダンな部屋も多く作られ、

築100年近く経とうとしているのに、全く古さを感じない佇まいでした。

数寄屋つくりは、こころを落ち着かせてくれる魅力があります。

数寄屋の建築とまわりの日本庭園が一体で、どこのアングルを見ても絵になる風景だとおもいます。

又2階書斎窓から下の庭園を見下ろすと、これまた何とも言えない贅沢な風景です。

志賀氏もここで 心を落ち着かせて、執筆に励んでおられたと伺いしれます。


続いて、皇室が奈良にお見えになられたらお泊りの、奈良ホテルでランチを食べ、

ホテルを拝見させて頂き、それから 奈良の建築で有名所、東大寺を見学しました。

この周辺には金堂(大仏殿)のみならず、大きな建物が点在してます。

其々の建物が8世紀にたてられた物とは想像がつきません。

(何回も再建されているが)その当時の、先人たちの日本建築技術が高かった事に驚かされました。

今回3回目の訪れになりますが、何回きてもこのスケールには圧倒されます。

吾輩も建築知識人の端くれですが、この建物の構造やディテールを理解するには相当時間がかかるとおもいます。

ましてや、図面化しなさいとなれば至難の業かと。

その後、奈良公園を散策しましたが、新型ウィルスの影響で中国・韓国人旅行客が居なかったので、

静かな散策研修会となり喜んで帰路につきました。